Skip to main content

貞山・北上・東名運河事典

仙台藩主伊達政宗公の時代から約300年間にわたり、開削と維持が続けれてきた貞山運河(木曳堀・御舟入堀・新堀)。 明治期の国際貿易港の整備にあわせ開削された東名・北上運河。 南の阿武隈川と北の北上川とを結ぶこれらの運河の全容を紹介します。 また、『不撓不屈-品井沼干拓300年-元禄潜穴・明治潜穴・わらじ村長 鎌田三之助』も併せ掲載しています。

ホーム
サイト マップ
1 運河の構成
2 運河の延長
3 貞山運河の埋立て
4 水系の位置づけ
5 運河の歴史
6 運河の主要スポット
7 運河の閘門・水門
8 運河の自然
9 運河ゆかりの人たち
10 イベント・祭り
11 運河を楽しむ
12 こぼればなし
13 フォトギャラリー
14 関連リンク集
15 サイト管理人
お問い合わせ
メンバーのログイン

15 貞山運河事典の編集

 

 

貞山運河、東名運河と北上運河は、その開削目的に異なるところを持ちながら、途中に松島湾をはさみ、阿武隈川から北上川にかけて造られ、総延長約 49.0km(現存46.4km)という長大な運河となっています。

 

これらの運河は、慶長2年(1597年)(※異説あり)から明治17年(1884年)まで287年という長い歳月を費やして造られ、現在まで大切に保全されてきました。
 
  
貞山運河事典の編集は、歴史遺産として無限の可能性を持つこれらの運河を多角的に紹介していくという趣旨に賛同いただいた行政、団体、研究者などいろいろな方々のご協力を得て、行っています。
 
                         
                                                                                                                                                                                                      サイト管理人